体にできるシミもボディ用美白化粧品で予防しよう|美肌を守る

女の人

お肌のトラブルには

鏡を見る女性

乾燥肌の対策方法は、クレンジングと石鹸で汚れを落とす、基礎化粧品でしっかり保湿、栄養バランスの良い食事、代謝アップの運動、ストレス解消で睡眠などです。毎日の少しずつの努力が健康なお肌つくりをします。楽しみながら行いましょう。

詳細

浸透力を効果的に上げる

化粧品

美容にいいリプロスキンは化粧品の効果をかなり高めてくれる効果的な商品です。リプロスキン自体にも美容成分が入っているため化粧品としても機能します。普通にリプロスキンを購入すると損をするので注意が必要です。

詳細

1本4役の便利なアイテム

美容クリーム

メディプラスゲルはオールインワンタイプのスキンケア商品です。防腐剤フリーなので保管には注意が必要で、冷暗所に保管し開封後は3ヶ月程度で使い切ることが大切です。高濃度セラミドやプラセンタエキスを含む66種類の美容成分が魅力であり、手頃な価格も人気の理由だと言えます。

詳細

おすすめの体用コスメ

女性

使い心地が重視される

現在では、ボディ専用の美白アイテムも数多く販売されています。知らない間に紫外線を浴びることが多いのが、ボディの難点です。腕やデコルテ周辺などはうっかり日焼けが多く、シミも目立ちます。ボディ用の美白アイテムは、概して使い心地にこだわって開発されます。お風呂あがりなどに使用することを考慮し、べたつかない仕様が基本です。広範囲に用いることから、伸びの良さも重視されているポイントに挙げられます。配合されている美白成分は、顔用の美白アイテムとほぼ同じです。アルブチンやビタミンC誘導体などが、特に多く起用されている美白成分と言えます。シミの予防だけでなく、くすみの改善にも役立つのが最近のボディ用の美白アイテムです。

摩擦もくすみを誘発

ボディの美白対策は、主に紫外線の影響が気になり出す春から夏にかけて行われます。このような時期には生活紫外線の量が増えるため、予防を兼ねて対策を講じる方が多いです。ですが実のところ、ボディの美白対策は年間を通じて求められます。例えば冬は、代謝が落ちることで肌のターンオーバーが乱れる時期です。このような時期は、角質が厚くなりくすみが生じやすくなります。また、保温下着などに使用されている化学繊維も、くすみを招く一つの誘因です。繊維の刺激によって、メラニン色素が活性化してしまうことがあります。従ってボディの美白対策は、レベルを変えながらコンスタントに行うことが重要です。紫外線以外の影響も、考慮する必要が出てきます。